車庫証明の徹底研究

Yahoo!検索

  • このサイト内を検索

保管場所の変更について

保管場所の変更届出について

自動車の保有者は既に発行された保管場所証明や既に届け出た保管場所を変更したときは、変更した日から15日以内に変更後の位置を管轄する警察署長に対して1.使用の本拠の位置、2.変更後の保管場所の位置、3.車名、4.型式、5.車台番号、6.車体の長さ、7.車体の幅、8.車体の高さを届出なければなりません。この届出を行うとそれを受けた警察署長から保管場所標章の交付を受けることができます。

(自動車の保管場所の確保等に関する法律第七条 保管場所の変更届出等)
自動車の保有者は、第四条第一項の政令で定める書面若しくは同項ただし書の政令で定める通知(以下この項において「書面等」という。)において証された保管場所の位置を変更したとき(道路運送車両法第十二条に規定する処分又は同法第十三条に規定する処分を受けようとする場合において、書面等において証された保管場所の位置を変更したときを除く。)又は第五条の規定による届出に係る保管場所の位置を変更したときは、変更した日から十五日以内に、変更後の保管場所の位置を管轄する警察署長に、当該自動車の使用の本拠の位置、変更後の保管場所の位置その他政令で定める事項を届け出なければならない。変更後の保管場所の位置を変更したとき(同法第十二条に規定する処分又は同法第十三条に規定する処分を受けようとする場合において、書面等において証された保管場所の位置を変更したときを除く。)も、同様とする。
2  前条第一項の規定は前項の規定による届出を受理した場合について、同条第二項及び第三項の規定はこの項において準用する同条第一項の規定により交付された保管場所標章について準用する。この場合において、同条第二項中「道路運送車両法第十二条に規定する処分又は同法第十三条に規定する処分についての第四条第一項の政令で定める書面の交付又は同項ただし書の政令で定める通知に係る」とあるのは、「次条第一項の規定による届出に係る」と読み替えるものとする。

(自動車の保管場所の確保等に関する法律施行令第三条 届出事項)
法第五条 、第七条第一項(法第十三条第四項において準用する場合を含む。)及び第十三条第三項の政令で定める事項は、当該自動車に関する次に掲げるものとする。
一  車名
二  型式
三  車台番号
四  車体の長さ、幅及び高さ

Copyright © 2012 syako.cho88.com All Rights Reserved.