車庫証明の徹底研究

Yahoo!検索

  • このサイト内を検索

自動車の保管場所の確保等に関する法律の目的

道路使用の適正化、道路における危険の防止及び道路交通の円滑化を図る

「自動車の保管場所の確保等に関する法律」(昭和37年6月1日法律第145号)第1条には法制定の目的が書かれています。
国土があまり広いとは言えない日本において、自動車の保有者等が自動車の保管場所を確保することなく、道路などを自動車の保管場所としてしまうような状態となれば、救急車や消防車などの緊急自動車の出動にも支障を来すこととなり、場合によっては深刻な事態になりかねません。

そのような事態を防ぐため、自動車の保有者等が保管場所を確保することを義務づけ、道路使用の適正化、道路における危険の防止及び道路交通の円滑化を図ることを目的とするこの法律が制定されています。

(自動車の保管場所の確保等に関する法律第1条 目的)
この法律は、自動車の保有者等に自動車の保管場所を確保し、道路を自動車の保管場所として使用しないよう義務づけるとともに、自動車の駐車に関する規制を強化することにより、道路使用の適正化、道路における危険の防止及び道路交通の円滑化を図ることを目的とする。

Copyright © 2012 syako.cho88.com All Rights Reserved.